記憶を記録に残すこと

日常を残したいと思います。

はじめに

子どもの頃から学校の図書館は遊び場で、大学時代も読書にひたっていた。

そんな好きだった本も最近は仕事が忙しく、読むものといったら仕事関係のものばかり。仕事に没頭した日々は、大変だけどそれなりに充実していた。

ところが昨年秋に検査に引っかかり手術。もうすぐ再手術の予定もあり、私の仕事はフリーランスなので思い切って仕事の量を減らした。すると今まで忙しかった時間にポッカリと穴が開いてしまった。暇暇〜。どうしよう。

体調のこともあるし、ガムシャラに仕事をするのはやめよう。自分のために時間を使おう。

好きなことを再開しよう。何がある? パンを焼きたい。美味しいご飯を作りたい。美味しい物を食べに行きたい。写真を撮りたい。旅行をしたい。ピアノを弾きたい。曲を作りたい。そしてその一つに読書をしたい。

通院中も、家でボーッとしている時間も、本を読んでいる。

今、たくさんの本が積んである。いつでも読めるように。

そんな好きな物の一つ、読書の記録をここに残していきたいと思う。

 

広告を非表示にする