記憶を記録に残すこと

日常を残したいと思います。

がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ

 

がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ (中公文庫)

がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ (中公文庫)

 

 癌になるということは、宝くじに当たったようなものなのかもしれない。なぜ自分が?

 

生き残った癌患者は何が違ったのか。

この本を書かれた柳原さんは生きたかったんだと思う。だから、たくさんの人に焦点をあててそこに共通するものがあるのか、知りたかったんだろうなぁ。

個々のケースで違う癌は、サバイバー体験がエビデンスにはなりえないと思うけれど、そして分母が小さすぎることはデータにはならないけれど、自分が納得するためには知ることだったのかな。

生きていくことへの執念は必要なのかもしれない。

 

広告を非表示にする