記憶を記録に残すこと

日常を残したいと思います。

こころの処方箋

 

こころの処方箋 (新潮文庫)

こころの処方箋 (新潮文庫)

 

 一番好きな本はこの本かな。

何度読んだかわからない。まるで好きなCDをしばらく聞き続けて、しばらく置いて、また取り出すみたいな感じ。

心理の人は仕事で何人もご一緒したことがあるけれど、それぞれ個性が強くて、傾聴と言葉では言いながら傾聴とはほど遠かったりと、あまり信用出来ないと思っていたけれど、河合隼雄さんの安定感、洞察力はすごいと思う。

 

河合隼雄さんだったら、今の若者のネット依存、ニート、引きこもりをどう捉えるだろうか。聞いてみたかったなぁ。

 

広告を非表示にする