記憶を記録に残すこと

日常を残したいと思います。

アメリカから戻ってきました

かつてアメリカに少しだけ住んでいました。
今回は夫の会議にくっついてソルトレイクシティを訪れ、夜だけ夫と合流し、日中は一人で自由に動きました。

 

IMG_0998


自分から情報を取りに行かないと何も得られない文化なので、初めてアメリカに来た時は早口の英語に言葉を返せず家に引きこもっていることが多かったのを思い出し、相変わらずひどい私の英語でも臆せず話せるようになっているのに気付きました。それだけ精神的に図々しくなったのかもしれません(笑)
言葉はあくまでも伝えるための手段。もっと楽しく英語を学んできたかったなぁと思ったり…。でも学ぶ気持ちがあれば、そしてやる気があれば、いつからでも学べるのかもしれず、それは自分自身の言い訳なのかもしれません…。

それにしても、セキュリティーの厳しさは話には聞いていたものの実際に体験するとうんざりでした。
靴まで脱ぎ、両手を上げて透視される機械を通り、そのセキュリティーを通るために長蛇の列ができていて国内線でも出発の1時間半から2時間前にはチェックインが必要です。日本はオリンピック開催が決まっているけれど、この緩いセキュリティーで大丈夫なんだろうか、と思ってしまいました。

 

国際フォーラムにそっくりな、明るい図書館。

DSCF4147

 

DSCF4141

 

スーパーマーケットも広い!でもリンゴはワックスでピカピカ過ぎ…。

DSCF4042

 

この棚はヨーグルト。

DSCF4043

 

明け方のサンフランシスコ。

左の橋はゴールデンゲートブリッジ。右はベイブリッジ。このベイブリッジを渡った先の内陸に住んでいました。

DSCF4401

 

目の前でお食事中のシマリスちゃん。

IMG_1043

広告を非表示にする