記憶を記録に残すこと

日常を残したいと思います。

アサギマダラ

前はよく立ち寄っていた公園。前回来たのはいつだったかなぁ、と思いながらブラブラ歩いていた。

オオシオカラトンボが止まっていたので撮ろうとしていたら、いきなり「アサギマダラがいるって聞いて来たんですけどね」と話し声がする。見ると首から一眼レフをぶら下げた男性が。どうも私に向かって話しているらしい。「アサギマダラ?見ていないですね」と返事をした。

その途端、一気にチョウの話をし始める。女性で虫が好きとは限らないのになぁ。それともトンボを撮っていたから虫が好きだと思ったのかな。誰かに話をしたかったのかな。

悪い感じじゃないけれど、ちょっと変わってる人だなぁ。虫オタクっぽい。

 

その男性が行ってしまった後ゆっくりと歩いていたら、何とアサギマダラが飛んでいる!

「いましたよー」と大声で遠くの男性に声をかけた(何て親切なんだ…)

「いやぁ、連携プレイですね!」と走ってきて喜ぶ男性。

連携して一緒にチョウを見ていたわけじゃないんだけどね。

 

ということで、数枚アサギマダラの写真を撮って、男性よりも先にその場を立ち去った。

f:id:felice_bambina:20140603145135j:plain

強いチョウなんだけど、ボロボロの翅。鳥にでもやられたかな。

 

f:id:felice_bambina:20140603145219j:plain

じっとして動かない。  (Canon eosX7)

 

アサギマダラは長距離を移動するチョウ。なので、マーキングといって翅にマジックでいた場所や見かけた日にちを書き込む。そうすると次に見かけた先でどれくらいの時間でどれくらいの距離を移動していたかがわかる。台湾まで渡るチョウもいるという話を聞いたような気がする。

今日見かけたアサギマダラは翅がボロボロで、飛び方も弱々しく、とてもじゃないけれど長距離を渡って行けるようには見えなかった。マーキングもされていなかった。

でも行けるところまで頑張って飛んでほしいなぁ。

 

広告を非表示にする